この主題テーマのブログ意見を投稿!
更新日時 : 2017-05-20 16:05:17

「ブリー(BREE)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

BREEのNATURラインといえば、ヌメ革で有名です 。…最初は白っぽい革ですが、使い込んでいるうちに徐々にアメ色に変わっていくエイジングの楽しさが特徴です。

私とケメさんの結びつきはヌメ革のバッグで有名な「BREE」だから、自然とおしゃべりの中に、BREEの話しがあります^^お揃いの長財布です♪

選んだのはBREEのヌメ革のショルダーバッグです。このバッグ、最初に彼が見つけてくれました 最初手に取ってから買わずに別のお店に

しかし2週間とちょっとの月日がたったのですがなかなか日光浴が終わらないらしく、我慢ができず取りに行きましたw

BREE の手帳。姉も同じものを使っているようです。私はここの革製品が大好きです。頑丈だし、古くなるというよりも、ヌメ革の色がどんどんきれいになっていくんです。

当時(2005.9)。左が2007.8.13現在のもの。地道に色ツヤが増して、良いカンジ。使い始めて1年10ヶ月でこの状態になる。引き続き、汚れないようにアジをだしていこう!

BREEのDALLASシリーズ。 外側のフェルトっぽい素材のファスナーを開けると、中は鮮やかな黄色。何かそのギャップがとてもイイ感じだと思ってました。

思った以上に使いやすそうで色もダークオレンジなので落ち着いてて良い。素材はラバー。肩当ても厚みがあるのでいっぱい入れても肩も楽そう!

これはBREEというドイツのブランドです。バッグはリュックタイプのとトートタイプを持っておりますが小物類は初めての購入。

最近、上質なヌメ革で有名なドイツのブランド「BREE」の鞄を購入しました。 種類で言うと「Bert」を購入しました。

「女性向けの可愛い財布だったじゃん、買っちゃいな」ハイ喜んで♪:*:・・:*:・♪そして、お弁当袋にピッタリだった↓BREEをお弁当入れにするなんて、贅沢〜〜〜ww

私の一番のお気に入りのBREE鞄・・・よそ行き用です。これはまだ使って1年ちょっとですがだんだんヌメ革が色づいてきました。いい感じに。

TOPの写真で奥に見えてるのは同じくBREEのMEDUSA5TARA1に付き合って日光浴中です そして今夏、またまた新しいBREEバッグをGetしました

修理に出すからには 代わりのバッグがいりますので 安いのはないか バッグ売り場を色々物色しましたが どれもいまいち気に入らず結局 また BREE です。

初めは真っ白なんですが日に焼けてくると良い色になってきます

BREEの日焼けをはじめて2週間ちょっと。。。それでも、購入時より艶が増し、ヌメ革も滑らかになり、ほどよいベージュになってくれた♪

実家に寄った際に、いつも立ち寄るリサイクル店で購入したBREEのバッグ汚れもほとんど無く、ヌメ革も綺麗にあめ色にやけていい感じです。

お財布を見せていただいたことがあります。その綺麗さに驚きました。2年間使っているとのことでしたが、黒ずみや汚れが全く無く、ただただ深い色に育っていたんです。

「BREE」といえば、ヌメ革シリーズで、ドイツブランドには欠かせない、丁寧で確かな物作りがイメージ。さらにミニマルなデザインが人気です。

旦那のお母さんからお土産で、ドイツの革ブランドで有名な「BREE」のバック戴いちゃいました。

BREEに行ってみた。普段高くて手が出せなかったけど、このセールで40〜50%OFFとなっていたので、前から良いナァーと思っていたバッグをついにゲーーーーット

買うとときに「金具以外の修理やメンテナンスは無料でします」と聞いていたが、本当に無料だった。さすがにドイツのメーカーだなぁと、感心する。

久々のBREEバッグのアップです♪ 大切なバッグをご紹介し忘れていました(^^;)

先日はナ・ナ・ナ・なんと!びっくり! 「BREE(ブリー)」のショルダーバッグをニコニコしながら買ってきていました・・・。「お・お幾らで??」と聴いても

財布を買い替えました。上は10年使用したもの、下は昨日購入した新品。

カバンと財布等、何点か今までに購入しましたが、どれも大満足で使わせてもらっています、BREEの代名詞的なカバンが牛革のカバンです。

BREEですが現地の店員さん曰く日本に比べると本国ドイツでは4割引〜と、確かに正規の価格もだいぶ安かったです。今回は更にSALEでなんと19€でした

BREEのヌメ革のカバンでした。そのBREEがドイツのブランドなのは知っていたけれど、ハンブルグが発祥なんですって!なんだかご縁を感じてうれしい♪

お気に入りはBreeなのですが、10月から欲しいなと思っていたバッグがありました。紙袋をイメージした山羊革のバッグで、A4がちょうどはいるくらいの大きさ。

良質の牛皮を何ヶ月もかけてナメシ加工をするという。このブランドを知ったのは、知人が10年ほど前にウオーレットを購入したときであった。

こんなものを買ってしまった。BREE ブリー というドイツのバッグメーカーのもので、Natur Business というラインの Elch エルクというブリーフケース。

収納部もいまではすっかりこなれて、むしろ緩くなってきました。カードは7枚くらいは一箇所に収納できそうな感じです。中のほうが汚れず、綺麗に色づいていますね。

10日ほど日焼けした状態です。まだ半面です・・・待ち遠しい(T-T)財布においては、折りたたんだ状態で日焼けさせていたので(娘に頼んだら・・こんなことに・・・)

蓋というかかぶせの部分と、本体部分の差がクッキリです。ここまで色が変わるんだなぁ…って思うと不思議です。これから、まだ白い方も焼きはじめます。

お気に入りのBREEのバッグを磨いたよ。BREEでは愛すべきドイツの業があふれ出た(?)、ヌメ革のバッグを売ってるの。いくつか持ってる中で、一番使い勝手のいい

まだまだ日焼け十分とちゃうかったけど、待ちきれずに使用開始。しばらくの間(だいぶ長い間)なんか薄汚れた感じやったけど、最近だいぶましになってきた。

今から、約8年前のことになります。BREEの財布を買う少し前に、BREEのバッグを買いました。それがとても気に入ったので、財布も買うことを決めたのです。

私のバッグのお気に入りブランドは「BREE」というブランドです。

念願のBREE(OBRA)!ヌメ革です。もうすぐ22歳ですしお財布くらいいいものを!イルビゾンテのお財布も見たけど、やっぱり自分で育てるタイプへの憧れが強かった。

K氏より、念願だったドイツのメーカー「BREE」のヌメ革バッグを買ってもらいました。ひたすら喜んでいます。

グアム旅行では、BREEのショルダーを購入しました。ヌメ革は、長い年月をかけて色を変える (*^.^*)

私、BREEっていう革のブランドが好き♡知ってるかなぁ〜〜〜。

画像は「桜子」とおそろいで買ったBREEブリーの財布。。。 まだ、値札がついたままだ^

久しぶりの登場です!もうすぐ4歳のブリちゃんと、1歳半になるブリトーちゃん。BREEのバッグたちです。

BREEの中で1番好きなシリーズTimes置時計の形のような ショルダーです。

スケのBREEが帰ってきました。金具もファスナーもバッチリ! 金具はパイピンを外すのが大変だろうと、破れたままで いいので金具だけ削って下さい と伝えていたのですが

ドイツのBREEのヌメ革のバッグ、前々から憧れてたのですが柔らかくて傷が・・・と躊躇してました。

狙ってたBREEの金ピカバッグ。…チープなのに高ッ!セールだけど高ッ!というわけで、前みつけた時即買いできなかったよね。でも、今日は思い切って買っちゃったよ。

BREEの広告でこの小銭入れが新しい色からだんだんアメ色に変化していくものが並んでいる写真があって、それを見て欲しくなったんだよなー。

ヌメ革の製品です。BREEは無染色のナチュラルなヌメ革を使用しています。最初はほぼ真っ白ですが、使えば使うほど飴色に変わり、なんとも言えないツヤと味が出てきます。

お気に入りのドイツのブランド「BREE」のお財布!…今の財布よりも沢山カードが入ります。小銭入れも二つに分かれて使い勝手が良さそうなの。

しばらく見ないうちにラインナップが刷新されていて、定番のヌメ革以外は目新しいモノばかり。中でも気になったのが、ターポリン素材のシリーズ。

このかばんの特徴は「使えば使うほど色味が増してくる」ところでしょう。はじめの色はうすい肌色なんですがずっと使っていると革のいい色がでて、手触りもしっとりして

BREEのヌメ革は買ったときは、肌色のような白っぽい色です。時間と太陽が、ゆっくり作ってくれたいい艶は、汚れを目立たなく、ひっそり隠してくれます。

メッセンジャーバッグ。スマートなデザインにも関わらず、バッグ内側と仕切りにはクッションが入っていて、ノートパソコンの持ち運びにも最適。ポケットがたくさん

今回はカバンで…もうすこしやけるには使い込まないとダメですね まだ雨の日は危険でちょっとしみになることも お気に入りです

ドイツの職人の匂いを感じさせる、頑固さが好きです。ヌメ皮が使用するにつれ、変化していくのもおもしろいし、傷や、しみまで、お洒落に見えてきます。

私の好きなブランドBREEの財布です。だいぶと年季入ってきました。

お気に入りのBREEの携帯ケースです。

初めてBREEの製品を手にしました。BREEといえばナチュラルレザーのイメージですが、こんなスポーティで可愛さのあるバッグも取り扱っているんですね

2〜3週間たっぷりと日光浴させなくてはなりません。あとは、使い込むごとにコニャックカラーに変色していくので、愛着がわいて長く使えるんですよ〜。

ドイツの革ブランド『BREE』。ヌメ革の魅力は使い方により飴色になった仕上がりが変わることだけど、いかんせんここまで来るとあまりどれも変わらないような気もする。

今ちょっと気になってるのが、BREEのヌメ革財布です♪写真の二つ折り財布は、定価が13,650円です。これでも手頃な感じなんだけど、セールで安くなったりもします。

こちらは2003年6月に求めた、Naturシリーズの<Stella 8>です。何かのデザイン賞を獲得したバッグらしいです。

実際このBREEのバッグは日焼け具合や手入れの仕方によってそれがシミや色づきをつくり、味を作り・・・

BREEは皮がいいんですが、そのかわり重いので、満員電車で持つのは結構、肩がこります。でも、このバッグなら心配ご無用!!

「BREE」の手提げ鞄です雑誌で載っていたのを見て一目ぼれをしてしまいました。なかなか心を打つこのような鞄と出会えなくやっと見つけた〜!!

ヌメ革だーいすき神戸には元町にお店があるの使えば使うほど、色も付いてきて、味が出るのー私のはこんな色になりました

私は決してブランド志向じゃないけど、このBREEのバッグはどうしても、欲しかった。

BREEは割とシンプルなデザインで機能的であるものが定番なのに、かなり個性的なのを自分の第1号に選んだのは不思議・・・。

私のお気に入りの皮製品のブランドでBREEを知っている人はいるでしょうか??なめし皮を主とした品揃えで、シンプルなデザインが多いんです。

昨年11月に突発買いをしたヌメ革バッグ。公共施設に設置してある消毒液や消毒ジェル、館内に入る際にワンプッシュ。

タンスの肥やしになってたんです 秋らしいアイテムを探してたら出てきたので今日はモードな感じで合わせてみました で、今ごろ「すごく可愛い」って感激してます。笑。

BREEの財布を記念撮影!使い込んでいるtankさんは、ステキな飴色になってますね!買ったばかりのケメの財布は、まだまだ若い(T^T)いずれこの飴色になるもん!

勢いで買った、BREEのバッグはただいま、日焼け中(>_<)

使いすぎてこんな色になっちゃいました愛着いっぱいのバックです

ドイツの革製品ブランドです。新宿、銀座にショップはありますね。ドイツだけに職人的なカバンやお財布があります。といってもシンプルです。

BREEに行ったら、ディスプレイされてて価格を聞いたら・・セール期間ではないけどセール価格 50%OFF ということで・・今からじゃ、日焼けして・・

ついつい<半額>の表示につられて買っちゃいました。BREEのバッグ

ドイツの鞄屋さんです。一昨年の暮れに買って、放置状態だったんだけど、財布もボロくなって来たので、使う事にしました。BREEと言えば、NATURと呼ばれるヌメ革!

BREE製品で一番 グ〜ググ〜 な日焼け具合になっています ショルダーの長さ調整部分ですが、このような細かな部分まで BREE の刻印がしてあり、造りの拘りを感じさせます

かっちりした鞄が欲しくて見に行ったんですが、ついでに見てたセカンドバッグのところで、形のいいのが他にあるからと薦められ

26000円定価なので、税込みで27300円…うーん、まぁ10年以上は使うしと言うか万一壊れても修理しながら使えるから減価償却を考えるとお買い得かな〜なんて

カテゴリ:*海外ブランド|テーマ:ブリー(BREE)|更新日時:2017-05-19 18:05:12

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>